そのものになれ?

e0143218_2226391.jpg

私の仲間でもある福谷さんの女郎の芝居を見に行った。

そのしなやかな洗練された物腰にあっと息をのむ。


男性だからこそ、孤高で手の届かない存在、はかなくて天下一品の品格だ。


女性だとこうはいかない、逞しすぎてなんでも取り込み育てる大地の女神だ。
神秘性が薄れる。



禅はものをみる時にそのものになれば解る∞という。

茶碗を見て、白い 薄い 堅い と分析しない。


私のメソッド「ネイチャーバイブレーション」も、ものと共振してそれ自体を感じ、なってみる。


多分日本の男性は、自らの内にある女性性と共振して、女を浮かび上がらせる。
もちろん客観的に研究もあろう…が、日本の女形が世界一だと思う!


例えば

日本人は散りゆく桜に心を寄せる。
自然とそこに潜む幽玄の世界をイメージする…現象の元になっているものを魂で感じる。
その元までも感じてしまう。


そのものになり、客観的に把握する…バリアフリーワークショップで「わびさび」をずいぶん体感させていただいた。


小学校で武士道を小林先生に習った。それから、やむにやまれぬ大和魂に火がついた。


損得抜きで、人間の先にある大きな何か、精神を重んじ道を極める。


それは天皇制にも象徴される。


あー、しかし武士道は本来男性が追い求めてきた…


そして、今は剣を置いた男達が百花繚乱…各々の世界を咲かせている。


が〜私の回りの損得を省みず、社会に光を与えんと自らを捧げる「ネイチャーバイブレーションプロジェクト」のスタッフは、全員女性である。



またまたお馴染みだか、私の敬愛する成瀬氏のブログを読んで欲しい。

http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=white_b_foot
[PR]
# by lampslodge | 2010-01-23 22:26

「ネイチャー」生まれもった「バイブレーション」は何時までも続きつながる…

e0143218_20253855.jpg

ネイチャーバイブレーションプロジェクトに賛同するメッセージが、寄せられてきている。


メッセンジャーは様々で、そのうちの一人、康一君は社会に馴染めない学生だったが、今は29才の若さでロケットの品質保証の責任者として宇宙開発にかかわる。

H2A、H2Bロケット等自分より年上のメンバーを仕切る。


そして、今も日曜日のレッスンに通う。


康一君のメッセージ

 普段の生活の中で、レッツ自己解放!できる時間はどれくらいあるでしょうか?
 社会生活において、人はエネルギーを体の内側に閉じ込めがちではないでしょうか?

 香瑠鼓さんがコミュニケーションと自己表現の手段として探求されてきたネイチャーバイブレーションには、体や声を使って環境(他者・自然・物質)と共振し、自己を解き放つメソッドがあります。そして、自己解放により生まれた+のエネルギーは、社会生活において、人を引き寄せる魅力的な引力です。

 また、ネイチャーバイブレーションには、空間の中に存在するモノを、擬音や動きで表現し、空間を知覚するメソッドもあります。空間をとらえる感覚を養うことは、人と人との距離感のとり方を養うことにも繋がります。

 このように、ネイチャーバイブレーションで養われた様々な感覚が、自分自身を豊かにし、未来を引き寄せるキッカケになれば、それは素晴らしきかな人生ですネ。


まさに実体験からの言葉∞




他にもやはり、生徒の一人だが


優子さんも重度の拒食症の学生の頃から通いはじめ、現在、東大の大学院ではじめてダンスで受かり、ネイチャーバイブレーションを推進してくれている。


最初東大でダンスはさすがに難しかったが、とうとう、教授達と四時間ネイチャーバイブレーションについて話したとメールがくるようになった。



皆の変わりぶりと潜んでいた力に敬服する。
しかし信じられない!




そして、25年前からやっているプロデュース公演のスタッフから、最近仕事のオファーがきた。



確かに私は25年前と変わらない信念を持ち、そしてそれが生き方となるよう毎日努力している。


が!会ってないのにずっと応援してくれていたなんて、泣けるじゃないか…
今は不況で誰もが大変なのに…


留守電に入っていた彼女の声は私に対しての変わらない尊敬の念を感じさせ、ふつふつと感謝の念が沸き起こった。



続けてきた事が化学反応を起こし、個性を見いだし生きる光となり輝く。


その人間のほんとの力


それは私だけでなく、この生きるのも大変な今という時代を照す光となる。
[PR]
# by lampslodge | 2010-01-12 20:25

今年もドキドキだねっ!

e0143218_18314166.jpg

e0143218_18314191.jpg

初日の出を見る。身体が朝日とともに、良いぞと喜んでいる。

これは脳が視覚で捉え理解して、朝日だから気持ちいいと、命令して気持ち良さがやってくるのではない。

瞬間に感じているのだ。


脳で実際働いているのは、細胞や細胞間のネットワークであり、細胞の働きは遺伝子の命令らしい。

遺伝子は身体だ。細胞そのものが、一個の独立した生命体として生きているから、60兆の細胞が一斉にウヒョヒョとかざわめいているのだ。


ところが最近は先に判断するくせがついてしまい、感じる心にフィルターがかかっている。


分析…記憶の大事典となったのはよいが、それで判断してしまう。自分の善悪の基準で裁こうとする。


追求心が執着心になり、独裁者のごとく思いというエネルギーを与えて、影響を及ぼす。


エネルギーは連鎖し帰って来る。あぁ…


そんな私の性分を叩き直すごとくありえない!事がよく起きる。


日本舞踊で借りていた布をスタジオでなくし、探しまわったあげく私のだらしなさを師匠に怒られ、気が引き締まった。
伝統芸能をやる気構えが足りないと感じていたので、52才の私によくぞ言ってくれたとありがたく受けた。


そして、2日後の夜師匠から動揺して電話があった。

いつも見ている棚に突然のっている〜あった!と…


ありえない!事が起きて先に進ませてくれる。

何事も決めつけない自分を創るんだ〜∞

今年もよろしく。ドキドキだねっ。
[PR]
# by lampslodge | 2010-01-03 18:31

ネイチャーバイブレーションプロジェクト

e0143218_19292517.jpg

クリスマスに「はぁとぴあ原宿」(渋谷区障がい者福祉センター)行ってきた。
知的障がいと身体障がいのある方たちがたくさんきてくださり、ワークショップとミニライブをした。


最初は全員のエネルギーを受け取るために、すっと力を抜いて自分をしっかり保ち、客観的にその場を見る。(気持ちはドキドキ、でも絶対平気とおもっています。)


様々な人がいてそれぞれに受け取っている。中にはとんでもない事をしている人もいる。それはそれとして…私から柔らかい風を起こし、空間の中に潜むなにかを掴みながら、みんなの振動を身体で感じる…。

共振させるというよりも、多分「波長」波を重ねていく…

まるで宙にエネルギーを束ねていき、其処は揺れてホットな空間。

やった!いつもいなくなる人がいるではないか〜


私の身体は受信機であると同時に、声と動きに変換されていく。


踊りたくて飛びだしてきた人達と踊り、そして、一人ずつ全員と関わる。

お互いの手がつながるエァスティックで遠くまでエネルギーをつなぎ、動きと擬態語で会話していく。健常者よりも構えがないので、手と手の間のエネルギーはわかりやすく、でもその繊細な動きに逆に驚いてしまう。


一瞬で受け取り、個人から違った反応=個性を引き出す。

1の次は2ではなく「あ」だったり、見えないなにかは意外性に富む。予想できない返し方で答えていただける。


私の感覚は

相手を振動させ、時の概念を越えた四次元の中にいる錯覚が起きる。


終わってからおばあさんが、消え入りそうな小さな声で言ってくれた。

神様とお話ししたような気がした。魂に深く響いた。


知的障がいとおもっていた私は、ぶったまげ慌てて


それはみなさんにいる神様とお話ししたので、ご自身の神様とお話しされたのすね。

と答えた。
私達は誰でも神様が奥深く潜んでいる。この言葉を聞けただけでも、来てよかった!ありがとうございます。


ネイチャーバイブレーションを使ったワークショップ

職員の方が習いたいと言ってくださった。これは誰でもできるテクニックなのだ。




ボランティアでネイチャーバイブレーションプロジェクトが発足した。

仲間のプロデューサー達が規約を書き、賛同のメッセージを集めている。


なんとしてでも、多くの人関わりたい。心の満足を分かち合う為に、私の仲間達と新しい世界をつくっていこう。

今年も終わる、潔くよく軽やかに来年に飛びこもう∞
[PR]
# by lampslodge | 2009-12-31 19:29

地球に生きている私達のために

e0143218_2025424.jpg

二つのイベントに招待された。


ひとつは「Con-Can Movie Festival」
世界中から作品が寄せられている中、早稲田大学国際情報通信研究センター安藤研究室の学生が二人入賞(大賞含む)している


その中で、中国でくず鉄の山で働く出稼ぎ労働者の映画。壮絶な環境の中、身体に悪いと知りながら、さまざま想いを抱えて懸命に生きる。


次はなんと下北沢!自宅の周りがロケ地、姉弟の繊細な感情が伝わる。
前の映画のショックが残っていて、日本から大量のゴミが人の身体を蝕む事が、自分の日常に重なってしまう。



懇親会でスピーチの場を与えていただいた。
創り手の視点が明確で丁寧に撮られている。水が染み透るような、いとおしい作品ばかりだった。


映画が五感を刺激し、肉体を回帰させてくれる…考えないで感じさせる深い余韻を残す…
素晴らしい映画祭を主催した方たちへ敬意を表したい。



次は「美しの里」
シミズオクトを代表とするイベント業界の裏方が集い、環境に対する新たな取り組みを目指す。
東京タワーにロッキー山脈と動物がライトアップ(写真参照)迫力と美しさに驚く。地球に起こっている事を知る為に、ミュージシャン、アーティストが作品を展示してパフォーマンスする。
写真、絵本、音楽…心暖まりながら鋭く、その場から離れられなくなる。


東京タワーに来るもう本当にたくさんの人達の意識を促す。アーティスト達の意識が高ければ、自然と共振する。
きっかけの第一歩!壮大な取り組みを日常に潜ませる。
どのコーナーも説明する人達は媚びずに、一生懸命語りかけて来る。



二つのイベント…あぁこんな人間がいるんだと心から共感する。その視点の大きさと誠実さ☆地球救う事を大げさではなく行動に移し、胸にせまる。


そういう方たちと出会え嬉しい!間に合わないとは言わせない。私にもきっとできる。毎日が自分との真剣勝負だ。前に進もう、地球も自分も後もどりできない。同じ意識をもつ人達と共に進んで行きたい。


私は、肉体の可能性を引き出す。誰もが表現するために生まれてきた。誰の想いもつぶしてはいけない。



そして、このブログを見たあなたにナムーの成瀬さんのブログを見て欲しい。
ここのお店へ行ってから、本当にやりたい魂の叫びが聞こえるようになった。
もう絶対見て欲しい。http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=white_b_foot
[PR]
# by lampslodge | 2009-12-22 20:25

ひかりの樹

e0143218_14442194.jpg

「天響」で、私が作詞作曲した曲

「ひかりの樹」

いつも感じてた あなたの優しさ
何も言わないけど、私にはわかる

見つめ続け 祈り続け いつの間にか
あなたの愛で芽生えた芽が空へ届く

伸びろ 枝を広げ 届けあなたの胸に

生きていける光 与えてくれた



あの日の笑顔を 何度も思い出す
愛する勇気を 忘れないように


雨に打たれ 風に吹かれ 大人になった
見上げた空 遠い夢 あなたを想う


いつか 時は過ぎて 見えぬ思いはあふれ
光 降りそそぐ 果てしない道

光 降りそそぐ 全てのものに

「母親と私のまわりにいる全ての人の見えない思いに感謝して」



光の樹は何にも影響されない。いつも変わらぬ先に進めてくれるひかりはエネルギーだ。ある時は穏やかに、ある時は背中を押してくれる強いエネルギーになる。



母の愛は強い。
私の母親も見えないところで一生懸命だった。入院して1ヶ月半たち、私はなるべくお見舞いに行き、やっと親孝行している自分に気づく。


だいぶ良くなってきた。家とスタジオルゥを仕切る妹にも頭が下がる。





話は変わるが、子供と母親とおじいさんで食事をしていた。のっけから、座るなり「どっちがいいの!」とメニューを決めさせる母親の迫力にびっくり。その後は、…しなさい!…いったでしょ?…できないの!の言葉が続く。いかに良い子にするか一生懸命、私なんかにわからない苦労もある。が、ネガティブなエネルギーにその場は包まれ、その店中に広がっていく。


おじいさんは明るく笑い、子供の肩を叩き気分転換させようとし、母親の話も真剣に聞き答えている。


がやはり、母親の不機嫌さは直らず、子供は反抗し、重い堅い何かが支配していく。



正しさってなんだろう?少し頭の回転が遅いおじいさん頑張れ…、母親の話は全て正しい。
そして、子供にとって母親は神様にみえる。



もちろんお母さんだからこその包容力と機転で、やはり子供を育てるのは凄いと思う方たちにも出会う。



さて子供のいない私は真剣にどうしたら光の樹になれるか?考える。

重い堅い何かに影響されないように、ふっと気を抜きころっと変わる…


瞬間に向上するチャンスが潜む。
それが愛なのか、定かではないが……いつかはわかる。


そして、この樹が地球に届きますように☆真剣に一緒に願ってくれる人が集まりますように…
[PR]
# by lampslodge | 2009-12-12 14:44

「天響」のアンケートより

e0143218_19143188.jpg

「天響」にいらしていただいてありがとうございます。
即興の手法を使ってエネルギー空間を創り…体感する試みを続け、今回やっとスタート地点に立てた感があります。

今まで
?とか!又は…という感想を持たれながらも応援してくださった方たちのおかげです。


アンケートの中から少し紹介します。




踊りの発生が原始的なものだと再認識しました。感情がダイレクトに伝わってくる気がします。
あれだけ開放的に自分の感情を身体で表現したら、すごくリセットされそうな感じがしました。
どうしてかよくわからないけど、「毎日毎日を大切にしなきゃな」とおもいました。




息と息が重なって進んでいく感じに、とても吸い込まれました。凄い!!




出演者の「気」がひとつの音楽となり、和の楽器や「声」という音楽と混ざっりあって、なんとも言えない演出となっている。生のソプラノサックスや三味線、鼓と融合してとろけるような時間をもらいました。
浄化されたような、混じりあったような、懐かしいような、新しいような空間でした。
一人一人が素晴らしいパフォーミングを「気」で繋げて、すごく大きなものを感じました。




音と言葉と身体とダンスとの全てのハーモニーを感じ、ひらがなの音 日本の和のことだまを感じた気がします。(音と音の間、呼吸のような感じ)




魂が癒され、浄化されました。出演者の目や表現、唄 、音楽に感動し涙が止まりませんでした。
感動をありがとうございました。




和なんだけど和じゃない。香瑠鼓さん皆さんが作りあげた空間にひたりました。照明も少ないのに素敵で、糸を紡ぐラストはエネルギーの光が見えるようでした。




人間の魂からの叫びを感じました。




そして、こんなのも…

私は、モダンバレエをやってます。フルートもやってます。
勉強、勉強の毎日から抜け出して、このような感じる場所に来られたことを嬉しくおもいます。



ざっと8人…全ての方に書いてあった「ありがとうございました」は抜かしてあります。


こちらこそありがとうございました☆


多分、今までの私がやってきたどのパフォーマンスよりも、「感じた」という言葉がアンケートに多かった。


そして他にも、たくさんの美しい言葉をいただき、みなさんの感性の豊かさに圧倒されました。


もっともっとほんものを求めて、いつか世界中で上演出来るよう!私は、絶対あきらめません。


応援してくださっている方に必ず、ポジティブな共振がおき、この荒れた地球を生き抜く為に、私の全てを捧げます。


それが出来るようになった、私を支えてくれる妹、母親、事務所のメンバー、そして仲間達に心から感謝します。
[PR]
# by lampslodge | 2009-12-07 19:14

犬童監督と早大で講義 … 天響の唄へ

e0143218_13194558.jpg

犬童監督から母校早稲田大学で講義を頼まれた。犬童監督といえば、今話題の「ゼロの焦点」を作られ、「グーグーだって猫である」「メゾンドヒミコ」でご一緒させていただいた高名な方、てっきり聞き役かと思ったら!

香瑠鼓の秘密を解明〜だったのだ。


先ずウィンク、パフィーム、ガッキィのポッキーのCM等を見ながら、何故突然彼女達は世に出たのだと究明。その人の何かを引き出し流行る原因は?


又犬童監督が私を映画に使っていただいたひとつとして、
振り付けがユーモアがある人間讃歌である故に、それがストーリー展開の大きなきっかけとなる。

などなど…
うれしかったなぁ、監督はメモをとりながら聞き、その姿に人間に対する興味、素直な感性、なんでも受け止める懐の深さを感じた。やっぱ、違うなぁー。


監督の締めの言葉は受け取る事の大事さだった。「発信できていいね」と言われた事に抵抗があった監督は、その時代と人間達を感じて創ってきたんだと府に落ちられたようだった。


学生達は大変熱心に聞いてくれた。
質問コーナーで、「音楽を聞くと絵が見えるに衝撃をうけた」などを聞き、頭が先行している現代に生きているんだと実感してしまった。それぞれが、自分を探しているような気がした。心とカラダがバラバラなのを、無意識に感じて他の人を受け止めようしても、いまいちやり方がわからないような…



話が変わるが、人の想いは残余エネルギーとして、いつの日か花開く。母が入院して身に染みた。
皆見えないエネルギーを交換し、今をつくっている。


11月30日「天響」で、私が作詞作曲した曲を歌う。

「ひかりの樹」

いつも感じてた あなたの優しさ
何も言わないけど、私にはわかる

見つめ続け 祈り続け いつの間にか
あなたの愛で芽生えた芽が空へ届く

伸びろ 枝を広げ 届けあなたの胸に

生きていける光 与えてくれた



この曲を書けたことに感謝したい。早大生だった当時の私には思いもつかなかった。でも、探している人はもっと早くに花が咲く。犬童監督のように…
[PR]
# by lampslodge | 2009-11-23 13:19

「天響」…サイキックのようだが、誰でも出来るぞ!

e0143218_14231924.jpg

「とくダネ」に出演させていただき、即興でテーマソングに振り付けを頼まれた。
聞いた曲は英語らしきサビがあり何を言っているかわからない。が、瞬間に両手が交錯して前に向かって伸び胸に戻って握り横に大きく開く絵が見えた…!

しかしこれだけでは次の展開に進めないので、意味を聞いた。慌てて電話するディレクター、その時に立川談笑さんが、「Invisible touch 」とタイトルを思い出す。

見えないふれあい…そうか、だから両手が前にクルクルしながら伸びていたんだ!

スタッフはびっくり!?鳥肌がたってますと私も含め振り付けというより、サイキックになってしまい全員違う意味で興奮する〜

凄い凄いと誉められ、そのまま振り付けを足して完了

見えない視聴者むけて諦めずニュースを送り続けるという意味も自然に口から出てきた。


後から音楽は振動なので、キャッチして身体で視覚化してますと答えた。ネイチャーバイブレーションというメソッドを使っています。と説明したが、やはりこれらの場面は全部カット…
やはり絵が見えるのはサイキックすぎたか?



又カラダがかってに踊って教えてくれる時もある。身体にはキャッチする能力と共に過去の記憶が蓄積され、音楽、テーマ等により、回路が繋がれば勝手に踊り出す。


私の仕事は全てこれらのやり方だ。その為のトレーニング、そして素直に感じる
この素直に感じるが、難しいのねぇ〜一瞬にして無になる又はスッゴク楽しいとか…




楽しきかな、即興◎11月30日公演「天響」にもいらしてください。実験的な為無料にしました。生演奏も楽しめます!
[PR]
# by lampslodge | 2009-11-09 14:23

ソケリッサ!勇気を持とう

e0143218_1594697.jpg

下北沢でご飯を食べている時、隣に若者が入ってきた。


「30才を過ぎてはじめて会うね!ご愁傷さま」
「あー子供を持ちながら、ダンスの仕事するのこんな大変だと思わなかった」女性は大きくため息をつく。

どうやらクラブや、イベントで踊っているダンサーだ!

30才ってもう年だという話題から、某有名ダンススタジオの名前がでる。


「40才50才でも、スタジオ通っている人いる?」

「めっちゃいるよ。ずっと踊ってるよ」

「でも、50代とかってもう仕事しないよね。ちゃんと踊れる人いる?」

しばし考えてから、

「え〜わかんないなぁ」

ちなみに、私は52才
その後、彼女の夢がある生き方についていけなくなって、別れた男友達の話などがあり…

日本の生々しいダンサーの現状が聞こえてくる。(なんせ、その二人と私しか店にいないのよ!)


一応私は、前よりカラダが動く(限定ダンスのみだけど)振り付けがすぐ出来るようになったのもあるし、オリジナル即興メソッド(ネイチャーバイブレーション)を作って、動きの研究をしてきたのもある。
が何より好きな事をやれている私は、楽チンで仕事自体も、素晴らしい方たちに出会えとても楽しい◎


やりたい事がやらなくてはいけない事を追い越し、その信念についてきてくれる回りの人達の愛情…正直な私に同じようにものを言ってくれる。

仲間っていいなぁ、年関係ないものね。

それを体現しているいい男がいる。
アオキ裕キ…「ソケリッサ」という公演をホームレスの方たちと踊っている。公園で踊る彼らは限りなく自由で、どこか切ない。最後に名前が書いてあるTシャツを着て胸を張る彼ら…そして、それを脱ぎ捨て人間という平等な生き物に戻れる、強い彼らは素敵だ!

自分のやりたい事を貫くアオキさんはかっこいい。

そして、年月がたってやっとわかる。あきらめないで良かった。




私のやりたい事「天響」の公演は11月30日、そして11月3日8時から、フジテレビ「とくダネ」に出演して即興で振り付けします。
[PR]
# by lampslodge | 2009-10-31 15:09