<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あぴラッキーがやってくる!

17年間バリアフリーライブをやっているが、昔は海外公演の完璧な作品が私にとって大事だった。



バリアフリーメンバーのゆうへいは赤くなりながら、震えてゆっくりしか動けなかった。私は優しい彼からその表現を引き出すのが、面白かった。


でも、1回もレッスンを欠かさない彼の誠実さを、私はどこかで、自分の道は自分で切り開いて欲しいと感じていた。


自分のアーティストとしての道をなんとか極めたかった。




が、突然、20歳の誕生日の前の日にゆうへいは急死した。両親から、踊る事が彼の全てだったと教えていただいた。




時は変わり、受け取りながら瞬時に判断することが、良い結果を生む時代になった。


即興がアートにも教育にもなる「ネイチャーバイブレーション」というメソッドを創った。

誰しもが表現者になれる。

それにこれなら、海外でもバリアを超え触れ合える新しいパフォーマンスだ!



ご両親達は意見を言い合い、受付も手伝ってくれる。一丸となって何かを生み出す。


窮地に達したら人は自分の役割を咄嗟に判断し、全員が助かるように行動する。有機生命体のような即興は出演者以外も、未来を信じて次世代を創る気構えを全員に及す。結束を固くする。



ようやくここまできた…この「あぴラッキー」がスタートだ〜


本当はずっと踊り続けていたかったゆうへいを含め、試行錯誤してきた私を支えてくれた人達、今日の仲間、即興は過程にいかに愛を込められたかの証…



私は願う、誰もが一生のうち輝く時がある!
命の炎を燃やす為に今がある。



30日池尻大橋シムライツスタジオにて

人間の新たな可能性を求めて
「あぴラッキー〜カラダラボ」

詳しくは


ネイチャーバイブレーションプロジェクト

nvp@bricks-japan.com

又は

http://kaoruco.net

のニュースの覧で


未だ間に合います☆
[PR]
by lampslodge | 2011-01-25 15:15