<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

立教女学院のクリスマス…バリアフリーライブ「あぴラッキー」

e0143218_1345381.jpg

高校からオリジナルミュージカルをつくってきた。高一の時に父を亡くして、怖いものなしの生き方に拍車がかかった。


クリスマスに全校生徒が集まる中で、オリジナルミュージカルで家庭教師の役をやった。



モデルは担任の野村先生、ひっつめ髪、黒めがね、タイトなスーツ、一分の隙もない男ぽい先生、でもこの人にも女性の部分が潜んでいるに違いない。

よし私がそれを暴いてやると脚本を書いた。


劇中で歌いながら、髪の毛をハラリ、ボタンをはずし、一枚ずつ服を脱ぎ捨てながら、私は自由に生きると歌い踊った。

ついに黒い下着姿になり、お嬢様学校の立教女学院では放送コードぎりぎり!私のセクシーな熱演でなんとか乗り切った。



しかし、絶対怒られる……、終わってから野村先生とでっくわした私は、無言の先生に身を固くした。


が、突然、私を指差し「アナタねぇ、アハハ」


身をよじって大笑い…
逆に、失礼じゃん〜せんせいっ、とあっけにとられた。



野村先生は私よりもずっと上手だった。
おおらかでお茶目な本当の大人の女性だったのだ。


そして何年も前に、野村先生は60代で亡くなってしまった。

こんなことなら感想を聞いておくんだった。もう35年前のクリスマス、人には見えてない人生が潜み、それはちょっとしたきっかけでその人に陰影をつける。


こうやってずっと、オリジナルミュージカルのようなものをつくってきた。


いつも、この人が持っている魅力がもっとあると思って引き出そうと思う。


誰もがなにかを隠している。



先日駅で、おばあさんが小さな男の子と母親に道を聞いていた。

階段の上でおばあさんのキャリーケースを持ち降りいく母親に、男の子は思いついたようにおばあさんに走りより、一言声をかけ、手をとり一緒に階段を降りて行く。


胸を熱くしながら、電車に乗った私は、赤ちゃんを抱えたお母さんの為の席を譲った若者を見た。

そして、隣のサラリーマンもおばあさんに席を譲り、にこやかに座った二人は、知らない人同士なのに、話し始めた。


たった二、三分で見た光景になんてすごいんだろうと感謝した。



普通の人、誰もが小さなきっかけで善の連鎖が始まる∞∞∞


バリアフリーライブを1月の30日にやる。テーマは公園…自由になろう、子供がもつ遊び心、楽しい事は連鎖し愛に変わっていく。


問い合わせ

ネイチャーバイブレーションプロジェクト

nvp@bricks-japan.com

又は

http://kaoruco.net
のニュースでみれます
[PR]
by lampslodge | 2010-12-22 13:45

ミスター東大コンテスト、島田潤君が準に選ばれました!

e0143218_14251980.jpg

e0143218_14251977.jpg

ミスター東大の応援で駒場祭へ行く。

学園祭が大好きだった私なのに、かれこれ30年以上行ってない。

ずっとコンテストは審査員だった私…車椅子の俊介さんの母、いづみさんはうちわを作っていくという…応援なんか初めて恥ずかしい…


果たしてついていけるか?


しかし来年の東大の講義は駒場校舎、学生の心を掴むんだといいきかす。



朝、決意する∞ミスター東大の今日、53歳の私は今人生の後半に向かって奇跡を起こす☆


どんどん若くなるのだ!


水行し、太陽の光を40分くらい浴びながら、綺麗な粒子がカラダから外へ広がっていくイメージを持つ。



そして駒場祭…いきなり、メイド姿の男の子から「ジョソールコーヒー陸上部」とチラシを渡される。同じく女装の多いまるきゅうプロジェクトを見て、ジャグリングのすごいチームを観る。


きっちり計算して答えを出す東大生にぴったり、ひとつひとつ技を決めポーズ。

身体能力が高い〜!


更に模擬店がいい、必死で売っている…なんでそんなに一生懸命なの?



さて、コンテスト、私の関係で20人位応援に来てくれた。バリアフリーメンバーにあいのりのダニー、著名な心理学カウンセラーの黒岩貴先生が背広で到着。


エントリーされている学生はものすごく頭がいいのに、とても美しい。特に男子学生はキラキラして、どの子も可愛いっ〜

きゃあ〜

しかし、浮気してる場合ではない、潤くん頑張って!


審査は多岐に渡り、潤くんは空手、漫才、唄、詩的な口説きから下ネタまで、抜群の即興的対応で大活躍、観客をわかし準ミスター東大に選ばれた!


(応援してくださった方ありがとうございます)


ミスター東大はうさぎちゃんのようにキュート☆


概して男性が女性らしい繊細さを持つのは、何か示唆的だった。この人達が次世代のリーダーになるのだ。


コンテストなのに、競うというよりひとつの方向に向かって進み、この場を分かち合えた全員が何らかの満足を得て興奮できた。



学園祭の空間がポジティブな気に満ち、それを作っている学生達がいとおしい。損得抜きの友情を感じ、次へ進む爆発的なエネルギー…


駒場祭のテーマソングに、「どこまでも高い秋の空に溶けていく」に勇気づけられ…
あぁ、ピュアであることに、人間の根源的なものに触れ感動する。


どうか、このまま大人になって日本を、地球の未来を変えて欲しい。そしてそのお手伝いをしたい。


東大のワークショップは1月22日

誰でも参加可能


潤くんが美術、宣伝デザインをやるバリアフリーライブは

1月30日


どちらも問い合わせは

ネイチャーバイブレーションプロジェクト

nvp@bricks-japan.com
[PR]
by lampslodge | 2010-12-08 14:25