<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ネイチャーバイブレーションプロジェクト

e0143218_19292517.jpg

クリスマスに「はぁとぴあ原宿」(渋谷区障がい者福祉センター)行ってきた。
知的障がいと身体障がいのある方たちがたくさんきてくださり、ワークショップとミニライブをした。


最初は全員のエネルギーを受け取るために、すっと力を抜いて自分をしっかり保ち、客観的にその場を見る。(気持ちはドキドキ、でも絶対平気とおもっています。)


様々な人がいてそれぞれに受け取っている。中にはとんでもない事をしている人もいる。それはそれとして…私から柔らかい風を起こし、空間の中に潜むなにかを掴みながら、みんなの振動を身体で感じる…。

共振させるというよりも、多分「波長」波を重ねていく…

まるで宙にエネルギーを束ねていき、其処は揺れてホットな空間。

やった!いつもいなくなる人がいるではないか〜


私の身体は受信機であると同時に、声と動きに変換されていく。


踊りたくて飛びだしてきた人達と踊り、そして、一人ずつ全員と関わる。

お互いの手がつながるエァスティックで遠くまでエネルギーをつなぎ、動きと擬態語で会話していく。健常者よりも構えがないので、手と手の間のエネルギーはわかりやすく、でもその繊細な動きに逆に驚いてしまう。


一瞬で受け取り、個人から違った反応=個性を引き出す。

1の次は2ではなく「あ」だったり、見えないなにかは意外性に富む。予想できない返し方で答えていただける。


私の感覚は

相手を振動させ、時の概念を越えた四次元の中にいる錯覚が起きる。


終わってからおばあさんが、消え入りそうな小さな声で言ってくれた。

神様とお話ししたような気がした。魂に深く響いた。


知的障がいとおもっていた私は、ぶったまげ慌てて


それはみなさんにいる神様とお話ししたので、ご自身の神様とお話しされたのすね。

と答えた。
私達は誰でも神様が奥深く潜んでいる。この言葉を聞けただけでも、来てよかった!ありがとうございます。


ネイチャーバイブレーションを使ったワークショップ

職員の方が習いたいと言ってくださった。これは誰でもできるテクニックなのだ。




ボランティアでネイチャーバイブレーションプロジェクトが発足した。

仲間のプロデューサー達が規約を書き、賛同のメッセージを集めている。


なんとしてでも、多くの人関わりたい。心の満足を分かち合う為に、私の仲間達と新しい世界をつくっていこう。

今年も終わる、潔くよく軽やかに来年に飛びこもう∞
[PR]
by lampslodge | 2009-12-31 19:29

地球に生きている私達のために

e0143218_2025424.jpg

二つのイベントに招待された。


ひとつは「Con-Can Movie Festival」
世界中から作品が寄せられている中、早稲田大学国際情報通信研究センター安藤研究室の学生が二人入賞(大賞含む)している


その中で、中国でくず鉄の山で働く出稼ぎ労働者の映画。壮絶な環境の中、身体に悪いと知りながら、さまざま想いを抱えて懸命に生きる。


次はなんと下北沢!自宅の周りがロケ地、姉弟の繊細な感情が伝わる。
前の映画のショックが残っていて、日本から大量のゴミが人の身体を蝕む事が、自分の日常に重なってしまう。



懇親会でスピーチの場を与えていただいた。
創り手の視点が明確で丁寧に撮られている。水が染み透るような、いとおしい作品ばかりだった。


映画が五感を刺激し、肉体を回帰させてくれる…考えないで感じさせる深い余韻を残す…
素晴らしい映画祭を主催した方たちへ敬意を表したい。



次は「美しの里」
シミズオクトを代表とするイベント業界の裏方が集い、環境に対する新たな取り組みを目指す。
東京タワーにロッキー山脈と動物がライトアップ(写真参照)迫力と美しさに驚く。地球に起こっている事を知る為に、ミュージシャン、アーティストが作品を展示してパフォーマンスする。
写真、絵本、音楽…心暖まりながら鋭く、その場から離れられなくなる。


東京タワーに来るもう本当にたくさんの人達の意識を促す。アーティスト達の意識が高ければ、自然と共振する。
きっかけの第一歩!壮大な取り組みを日常に潜ませる。
どのコーナーも説明する人達は媚びずに、一生懸命語りかけて来る。



二つのイベント…あぁこんな人間がいるんだと心から共感する。その視点の大きさと誠実さ☆地球救う事を大げさではなく行動に移し、胸にせまる。


そういう方たちと出会え嬉しい!間に合わないとは言わせない。私にもきっとできる。毎日が自分との真剣勝負だ。前に進もう、地球も自分も後もどりできない。同じ意識をもつ人達と共に進んで行きたい。


私は、肉体の可能性を引き出す。誰もが表現するために生まれてきた。誰の想いもつぶしてはいけない。



そして、このブログを見たあなたにナムーの成瀬さんのブログを見て欲しい。
ここのお店へ行ってから、本当にやりたい魂の叫びが聞こえるようになった。
もう絶対見て欲しい。http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=white_b_foot
[PR]
by lampslodge | 2009-12-22 20:25

ひかりの樹

e0143218_14442194.jpg

「天響」で、私が作詞作曲した曲

「ひかりの樹」

いつも感じてた あなたの優しさ
何も言わないけど、私にはわかる

見つめ続け 祈り続け いつの間にか
あなたの愛で芽生えた芽が空へ届く

伸びろ 枝を広げ 届けあなたの胸に

生きていける光 与えてくれた



あの日の笑顔を 何度も思い出す
愛する勇気を 忘れないように


雨に打たれ 風に吹かれ 大人になった
見上げた空 遠い夢 あなたを想う


いつか 時は過ぎて 見えぬ思いはあふれ
光 降りそそぐ 果てしない道

光 降りそそぐ 全てのものに

「母親と私のまわりにいる全ての人の見えない思いに感謝して」



光の樹は何にも影響されない。いつも変わらぬ先に進めてくれるひかりはエネルギーだ。ある時は穏やかに、ある時は背中を押してくれる強いエネルギーになる。



母の愛は強い。
私の母親も見えないところで一生懸命だった。入院して1ヶ月半たち、私はなるべくお見舞いに行き、やっと親孝行している自分に気づく。


だいぶ良くなってきた。家とスタジオルゥを仕切る妹にも頭が下がる。





話は変わるが、子供と母親とおじいさんで食事をしていた。のっけから、座るなり「どっちがいいの!」とメニューを決めさせる母親の迫力にびっくり。その後は、…しなさい!…いったでしょ?…できないの!の言葉が続く。いかに良い子にするか一生懸命、私なんかにわからない苦労もある。が、ネガティブなエネルギーにその場は包まれ、その店中に広がっていく。


おじいさんは明るく笑い、子供の肩を叩き気分転換させようとし、母親の話も真剣に聞き答えている。


がやはり、母親の不機嫌さは直らず、子供は反抗し、重い堅い何かが支配していく。



正しさってなんだろう?少し頭の回転が遅いおじいさん頑張れ…、母親の話は全て正しい。
そして、子供にとって母親は神様にみえる。



もちろんお母さんだからこその包容力と機転で、やはり子供を育てるのは凄いと思う方たちにも出会う。



さて子供のいない私は真剣にどうしたら光の樹になれるか?考える。

重い堅い何かに影響されないように、ふっと気を抜きころっと変わる…


瞬間に向上するチャンスが潜む。
それが愛なのか、定かではないが……いつかはわかる。


そして、この樹が地球に届きますように☆真剣に一緒に願ってくれる人が集まりますように…
[PR]
by lampslodge | 2009-12-12 14:44

「天響」のアンケートより

e0143218_19143188.jpg

「天響」にいらしていただいてありがとうございます。
即興の手法を使ってエネルギー空間を創り…体感する試みを続け、今回やっとスタート地点に立てた感があります。

今まで
?とか!又は…という感想を持たれながらも応援してくださった方たちのおかげです。


アンケートの中から少し紹介します。




踊りの発生が原始的なものだと再認識しました。感情がダイレクトに伝わってくる気がします。
あれだけ開放的に自分の感情を身体で表現したら、すごくリセットされそうな感じがしました。
どうしてかよくわからないけど、「毎日毎日を大切にしなきゃな」とおもいました。




息と息が重なって進んでいく感じに、とても吸い込まれました。凄い!!




出演者の「気」がひとつの音楽となり、和の楽器や「声」という音楽と混ざっりあって、なんとも言えない演出となっている。生のソプラノサックスや三味線、鼓と融合してとろけるような時間をもらいました。
浄化されたような、混じりあったような、懐かしいような、新しいような空間でした。
一人一人が素晴らしいパフォーミングを「気」で繋げて、すごく大きなものを感じました。




音と言葉と身体とダンスとの全てのハーモニーを感じ、ひらがなの音 日本の和のことだまを感じた気がします。(音と音の間、呼吸のような感じ)




魂が癒され、浄化されました。出演者の目や表現、唄 、音楽に感動し涙が止まりませんでした。
感動をありがとうございました。




和なんだけど和じゃない。香瑠鼓さん皆さんが作りあげた空間にひたりました。照明も少ないのに素敵で、糸を紡ぐラストはエネルギーの光が見えるようでした。




人間の魂からの叫びを感じました。




そして、こんなのも…

私は、モダンバレエをやってます。フルートもやってます。
勉強、勉強の毎日から抜け出して、このような感じる場所に来られたことを嬉しくおもいます。



ざっと8人…全ての方に書いてあった「ありがとうございました」は抜かしてあります。


こちらこそありがとうございました☆


多分、今までの私がやってきたどのパフォーマンスよりも、「感じた」という言葉がアンケートに多かった。


そして他にも、たくさんの美しい言葉をいただき、みなさんの感性の豊かさに圧倒されました。


もっともっとほんものを求めて、いつか世界中で上演出来るよう!私は、絶対あきらめません。


応援してくださっている方に必ず、ポジティブな共振がおき、この荒れた地球を生き抜く為に、私の全てを捧げます。


それが出来るようになった、私を支えてくれる妹、母親、事務所のメンバー、そして仲間達に心から感謝します。
[PR]
by lampslodge | 2009-12-07 19:14