<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

犬童監督と早大で講義 … 天響の唄へ

e0143218_13194558.jpg

犬童監督から母校早稲田大学で講義を頼まれた。犬童監督といえば、今話題の「ゼロの焦点」を作られ、「グーグーだって猫である」「メゾンドヒミコ」でご一緒させていただいた高名な方、てっきり聞き役かと思ったら!

香瑠鼓の秘密を解明〜だったのだ。


先ずウィンク、パフィーム、ガッキィのポッキーのCM等を見ながら、何故突然彼女達は世に出たのだと究明。その人の何かを引き出し流行る原因は?


又犬童監督が私を映画に使っていただいたひとつとして、
振り付けがユーモアがある人間讃歌である故に、それがストーリー展開の大きなきっかけとなる。

などなど…
うれしかったなぁ、監督はメモをとりながら聞き、その姿に人間に対する興味、素直な感性、なんでも受け止める懐の深さを感じた。やっぱ、違うなぁー。


監督の締めの言葉は受け取る事の大事さだった。「発信できていいね」と言われた事に抵抗があった監督は、その時代と人間達を感じて創ってきたんだと府に落ちられたようだった。


学生達は大変熱心に聞いてくれた。
質問コーナーで、「音楽を聞くと絵が見えるに衝撃をうけた」などを聞き、頭が先行している現代に生きているんだと実感してしまった。それぞれが、自分を探しているような気がした。心とカラダがバラバラなのを、無意識に感じて他の人を受け止めようしても、いまいちやり方がわからないような…



話が変わるが、人の想いは残余エネルギーとして、いつの日か花開く。母が入院して身に染みた。
皆見えないエネルギーを交換し、今をつくっている。


11月30日「天響」で、私が作詞作曲した曲を歌う。

「ひかりの樹」

いつも感じてた あなたの優しさ
何も言わないけど、私にはわかる

見つめ続け 祈り続け いつの間にか
あなたの愛で芽生えた芽が空へ届く

伸びろ 枝を広げ 届けあなたの胸に

生きていける光 与えてくれた



この曲を書けたことに感謝したい。早大生だった当時の私には思いもつかなかった。でも、探している人はもっと早くに花が咲く。犬童監督のように…
[PR]
by lampslodge | 2009-11-23 13:19

「天響」…サイキックのようだが、誰でも出来るぞ!

e0143218_14231924.jpg

「とくダネ」に出演させていただき、即興でテーマソングに振り付けを頼まれた。
聞いた曲は英語らしきサビがあり何を言っているかわからない。が、瞬間に両手が交錯して前に向かって伸び胸に戻って握り横に大きく開く絵が見えた…!

しかしこれだけでは次の展開に進めないので、意味を聞いた。慌てて電話するディレクター、その時に立川談笑さんが、「Invisible touch 」とタイトルを思い出す。

見えないふれあい…そうか、だから両手が前にクルクルしながら伸びていたんだ!

スタッフはびっくり!?鳥肌がたってますと私も含め振り付けというより、サイキックになってしまい全員違う意味で興奮する〜

凄い凄いと誉められ、そのまま振り付けを足して完了

見えない視聴者むけて諦めずニュースを送り続けるという意味も自然に口から出てきた。


後から音楽は振動なので、キャッチして身体で視覚化してますと答えた。ネイチャーバイブレーションというメソッドを使っています。と説明したが、やはりこれらの場面は全部カット…
やはり絵が見えるのはサイキックすぎたか?



又カラダがかってに踊って教えてくれる時もある。身体にはキャッチする能力と共に過去の記憶が蓄積され、音楽、テーマ等により、回路が繋がれば勝手に踊り出す。


私の仕事は全てこれらのやり方だ。その為のトレーニング、そして素直に感じる
この素直に感じるが、難しいのねぇ〜一瞬にして無になる又はスッゴク楽しいとか…




楽しきかな、即興◎11月30日公演「天響」にもいらしてください。実験的な為無料にしました。生演奏も楽しめます!
[PR]
by lampslodge | 2009-11-09 14:23