夢の学校

e0143218_13394799.jpg

知り合ったばかりの東大生社長清水さんの考え方に賛同し、「夢の学校」で体育をおしえた。


日本の教育を変えるという大志に惚れこみ、サムライの私はそれならいっしょにと、即決意する。


勝ち負けがなく皆が主役になるには…小さい頃からなんとなくイメージし続けた世界、バリアを越えお互いを面白い!と感じ、尊敬しあい、いかしあえる。


同じ感覚の仲間を探し、知り合えた若きリーダー清水さん†

全力で応援するよ〜

清水さんは容姿を含めあまりにも普通…そこが凄い!


迫力とアイデア、スタイルでおしまくる私とはまったく違い、知らない間に全員が話に引き込まれて納得してしまう。


素朴なたたずまいと説得力………ホンモノだねぇ。


書道家の永田紗戀さんも参加型授業。


清水さんに思わず意見してしまった私に

香瑠鼓さん!わくわくしますと私を見た目…あぴラッキーを見た後での私を見た目…


純粋な魂が躍動していた。


それに、素敵な授業。


それぞれの個性がでる書道を指導してくれた。


体育が2だった私が教える体育は、楽器チームを含む東大生五人と、文子さん、達也くん等、で計算されたカリキュラムを教える。


ネイチャーバイブレーションはどんな年代にも対応♪♪♪♪

確実に頭が良くなり、勉強の能率がアップ、「新しい自分を見つけよう」と「空気が読める人ってどんな人」

の二回構成、空間感覚と主観と客観の切り換え、ものの見方を瞬時に変え、即興で表現していく。


走ってストップしてポーズするメソッドで、「夢」の表現の時に、五歳の男の子が三点倒立し(゜∇゜)

背広を脱いだ役職の高そうな方の豊かな表現力(◎o◎)


あぁ人間て面白い、感動したぁ〜



さて、東大の授業から学生団体が立ち上がった。


チーム名

踊るゴッチャリズム

第一回公演名は

カラダバー


すでに貫禄がある二見君と得体の知れないジャグラーの丹くんなどが発案する。

これも、清水さんとお近づきプロジェクトの青木さんが支援してくれる。


普段はやらないが、鋭い表現力の踊る東大生達、皆のやる気が切なく、もうすでにやられている私。


次の展開はいかに→→→?
[PR]
by lampslodge | 2011-08-08 13:39
<< 365歩∞習慣を変える時 中国CMを振り付け >>