あぴラッキー 東大の授業∞ 輝く命

e0143218_218195.jpg

写真は舞浜駅から


東大の授業は、画期的な成功をおさめ、興奮さめやらないまま「あぴラッキー」も、涙が止まらない奇跡の空間となった。


東大の授業最終回の発表は…

最初に私達がみせた見本演技に、ひきまくっていた生徒達が、私達もびっくりした!くらいのチームプレーと個性を発揮

賢いから凄いよぉ〜


即興は瞬間にチームワークで次々切り開いていく。ネイチャーバイブレーションは状況、相手を受け取り誰かが局面を切り開いて、意外な展開に進んでいく。


えぇアイツが〜!その瞬間に誰でもスター☆☆☆☆


そしてそれは、この仲間なら大丈夫助け合い、信じられる…「生きる力」を養う。


社会に出ても毎日感動して生きて欲しいから、みんなのキラキラ輝く笑顔が忘れられない、

あぁ絶対に忘れない。


身体で覚えている仲間達、終わってから生徒達から又やりたいと熱い想いを語ってくれた



そして、その東大生達があぴラッキーに来てくれてた。あふれる涙もふかずに見続ける生徒達、終わってからあぴラッキーに出たいと言ってくれたおとなしい生徒…


純粋さに胸が打たれる。



まったく新しいバリアフリーライブ「あぴラッキー」


白衣を着た研究員達のカラダラボのテーマからはじまり…


自閉症の小柳君の迫力のピアノ演奏と、私の片腕マサオ君の激しい踊り、盲目のバイオリニスト穴澤さんとパーカッションの高木さんと女の子達の即興は、浮遊感漂いドライブしまくり…


リンコさんの赤い月の物語で踊る私と、地球を救う不思議な生き物の達也、勇太の男の子達


3ヶ月前は、産まれつき足のつけねが悪くて、加齢でひどくなった私の身体が動く〜


カラダが繊細に反応してくれるのが楽しい∞


即興コーナーでは、晴子(モリゾーキッコロレギュラーだぁ)のリードもあり、爆笑↑つかんだっ♪

昆虫軍はバリアフリーが、さまざま虫になり、クレージーで「ベルマーク恐竜」楽しかったね!


花火職人と女郎の結ばれない恋は、車椅子の俊介とモデルの文子さん


来てくれたお客様をテーブルごとに即興で振り付け、圧巻のラスト


私とリンコさんの唄が続き、みんなで踊っているうちに会場が、光に包まれたような?一体感


一人ずつ触れ合おうと客席へ降りた私は、おばあさまの集団で、お一人ずつから人間の尊厳…人生が胸に響いて泣きそう

そして、全員が感動してよくわからないくらいに感動して泣いてるみんなぁ〜


命は等しい、もっと自由に♪もっと輝く†


何かに背中を推された!

54年間、ずっと、一人一人が主役、勝ち負けはなく、お互いをいかしあい答えはない、と思ってきた。


この模様をお近づきプロジェクト代表の青木さんがブログに載せてくれた。

青木さんブログ

http://ameblo.jp/harajukuomotesando/


お近づきプロジェクトブログ

http://ameblo.jp/team-ochikaduki/


両方とも写真が素晴らしい。


最後にいらしてくださったお客様、イクスピアリのスタッフありがとう!


私は明日からCMの振り付けで、中国にいってきますよぉ


レッスンは

http://kaoruco.netのニュースから、お気軽に
[PR]
by lampslodge | 2011-07-19 21:08
<< 中国CMを振り付け 東大の授業が大詰めです! >>